▼ 2017.07.03 Monday 

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



  • -
  • by スポンサードリンク
  • Check


     ▼ 2017.01.04 Wednesday 19:02

【秋アニメ】 亜人 (2クール) 【評価&感想】


 

 

第3――それが、最終ウェーブだ。
私がこの国を統治する。

 

 

佐藤の完全勝利にて終わった第1クール。

悪夢の続きが始まった。

 

派手なアクションと知略を尽くした駆け引きを経て

辿り着いた先にあったのは究極のどんでん返し

 

見ている者をグイグイ引き込んでいく圧倒的なクオリティ。

3Dアニメもついにここまできたか。

タイトルの「批評・レビュー」記事です。

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



【上記は1クール終了時の評価記事です】

(声優や話題性などの表示のためにリンクしています。)

 

 1. シナリオ 

 

 

日本政府へ数々の要求を突きつけ

要人の殺害を予告し、宣言通り殺してきた佐藤。

 

 

自衛隊との戦闘の先には、最強の米軍までをも敵に回すことになるのだが……

 

 

しかしそれも想定内。

佐藤は元軍人であり、不死の兵隊の使い方をよく知っている。

 

 

戦闘をゲームのように楽しむ気質を持ち、戦略を謀る高い知能もある。

戦場下では情に流されず冷徹な判断を下せる圧倒的強者である。

 

 

戦闘マシーンのような佐藤に対する主人公の行動も面白さを引き立たせる。

どこか感情が壊れた面もあるが未成年ながら計算高く頭の回転も早い

 

 

どちらも魅力を感じられる人間性ではないが、人ではない存在なのだ。

 

 

亜人が人間世界を巻き込んで戦火を広げていく有様は圧巻だ。

 

 

かといって見どころは戦闘だけではない。

 

 

キャラクターを掘り下げた人間ドラマにも魅力を感じる。

戦闘と切り離せない人情の葛藤もある。

 

楽しめる要素は多いということは大変良いことだ。

 

 

この作品はそのあたりのバランス配合がいいのでとても視聴しやすい。

 

 

シナリオだけでも十分に楽しめる作品だが、

わかりやすく、飲み込みやすく表現しながらも

派手な演出アクション相乗効果で面白さを更に引き出し

アニメーションとしての価値を高めている。

 

素晴らしい作品です。

 

 

 2. 音楽 

 

オープニングテーマ

「The end of escape」

 

エンディングテーマ

「校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな」

 

OPは流石の出来。FlipSide x Angelaコラボ

とてもいい。

 

EDは個性が強く好き嫌いが別れるかもしれない。

 

 

 3. 総評(クオリティ) 

 

 

このアニメは作風から3Dと相性がいいのだが、

この派手なアクションを見てほしい。

 

 

普通のアニメじゃこの迫力はまず出せない。

クオリティの高さに言葉を失い魅入ってしまう。

 

 

色々な方にオススメできる作品。

この作品に一見の価値はあると思う。

 

 

 

そして……

 

最後の最後にまだまだ続きそうな雰囲気を見せてくれたのだが

続編に期待してもいいのだろうか?

 

1期も2期制作の表示がなかったので、あるかもしれない

いつか3期がもしあるとするなら必ずレビューさせていただきます。

 

85点 / 評価ランク S 級アニメ

※紹介画像の著作権は以下に帰属します

©桜井画門・講談社/亜人管理委員会



     ▼ 2017.07.03 Monday 19:02

スポンサーサイト



  • -
  • by スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 Check


◆この記事のトラックバックURL
http://vape-mods.jugem.jp/trackback/228