▼ 2016.02.26 Friday 17:38

【Gears of Dragoon2】エロゲー評価&感想【ナインテイル】



強敵を退け、迷宮の謎を解き明かし、
「迷宮遺跡ドラゴンズシャフト」を踏破せよ!


Gears of Dragoon2 (ギアーズオブドラグーン2 / 通称: ギアドラ2)
黎明のフラグメンツ のゲーム批評、レビューです。

ナインテイルが2016年1月29日に発売したハック&スラッシュRPG。
迷宮遺跡ドラゴンズシャフトを踏破する冒険者達の戦いを描いている。
 
JUGEMテーマ:18禁ゲーム
 


※ご注意
・こちらは協力者様より頂いた記事です。
複数の視点により主観に囚われない記事を提供できるメリットがあります。
・書き手の個性によっては不適切な言葉を含んでいる可能性があります。

 

 1. シナリオ 




かなりの王道シナリオ
単純なダンジョン制覇の内容ではない。

迷宮遺跡ドラゴンズシャフト
冒険者が探索するためのただの迷宮ではなく
過去の文明の遺産と言える場所として謎に満ちている設定。

 




そしてシリーズならではの特殊な人種は健在。
機械種族と魔術師種族による対立と共存をメインテーマに掲げている。

主人公は特異の能力として魔法と機械の力を両立できていて
これらの種族の橋渡し的な存在として奮闘する。

文明、文化を破壊する者達との戦いは熱い展開で見どころ。
ただし前作未プレイでも全く問題ない



登場キャラクターは一新されており、舞台もストーリーも前作と異なり
後述するがゲーム性も前作とは違うため、
2からでも新鮮な気持ちでゲームプレイ可能。

 

 2. グラフィック 




ダンジョンのCGグラフィックはかなり美しく、
PCゲームとしては高いレベルを誇っている。

またマップパターンも多く、
神殿、メカ、水辺、森など様々なダンジョンを表現している。



アドベンチャー画面の立ち絵などは並み程度のクオリティで、
戦闘画面のスキルなどの描写も一般的なRPGの水準と言っていい。

総じて言えば 無難に仕上がっている。

 

 3. ゲーム性 




徹底的にやりこみができるように作られている。
難易度が非常に高く設定されており、
それをクリアーできるために多くの要素が盛り込まれている。

※トレハン要素、料理、魔石、武器防具強化、
コンボ、スキルツリー、スキルレベルなど様々

そしてその難易度の高さもプレイヤー自身で調整が可能
イージーモードにすることでボスも
勝利スキップで進めるというトンデモルールがある。

またダンジョン内での雑魚エンカウント率もそれなりに高いが
カジュアルモードによってエンカウント無しにも設定可能。
逆に難易度を高めることによって強力な装備のドロップ率を高め、
ゲームの深みに到達できるようになっている。




また各クエストそれぞれでバーサークを設定可能。
バーサークレベルを高めることで
難易度を上げドロップ率や報酬を高めることができる。

ゲームを徹底的に楽しみたいユーザーや
シナリオを純粋に楽しんでいきたいユーザーなど
様々なユーザーに対応した、かなり親切な作りになっている。

さらに周回要素(ゲーム引き継ぎ)もあり、エンディング数も多い。
ボリューム感はかなり高いといえる。



前作と共通している点は
スキルツリーのカスタマイズとRPG要素の面くらいで
大きくゲームシステムが改良されているため、
前作プレイ経験者は今作は別物と考えたほうがいい。

 

 4. エロ 




エロシーンは全キャラで63シーン
RPGゲームとしてはだいぶ多めの部類。



シーン数が多い理由は「ボスに敗北すると強姦される」ためである。
ボスは異型のモンスターが多く、女性キャラはメチャクチャにされる。
主人公とのエロはラブラブなものが多く、基本はノーマル。



エロさとしては並レベルであるが、シーン数が多いので
シーンコンプリートをするために、
ここでもやりこみ要素としてゲームを堪能できる。

 

 5. キャラクター 




ツンデレ、ロリ、天使、ロボ娘、
女サムライ、女忍者
などバリエーション豊富。

どのキャラも可愛く、登場キャラがろくなのがいないという理由で
ゲームを否定するようなことはないと思う。

 

 6. 音楽 




特に目立たず、しかし悪くもない。
シーンに対して適切で違和感もない。不満はなし。

 

 7. マイナス点 




シナリオは「the王道」なので目新しさは感じにくい。



インターフェースがだいぶ糞。
チュートリアルというユーザーへの優しさはないので
リミットゲージやスキル設定やら
武器強化などの工房に関する説明はゲーム内に一切ない。

一応ヘルプという項目はあるが、最低限の情報提示といったところ。


マニュアル見ないとどうにもならないところは多い。
自分はリミットスキルの装備箇所が中盤までわからなかった。

 

 8. 総評 




シナリオは前作のほうが展開の変わり方や
キャラクターが魅力的でだいぶ楽しめた。

しかし今作ではやりこみ度という点で群を抜く。
世界樹の迷宮やウィザードリィなどのシナリオが
ほとんどないダンジョンRPGなどが好きな方、

純粋にRPGを長く楽しみたい方に強くお勧めできる。



75点 /100点満点中

 
◆ Gears of Dragoon2
カテゴリ 18禁 / PCゲーム / クライアント型
ジャンル ハック&スラッシュRPG
ブランド名 NineTail
発売日 2016.01.29
定価 9800円(税抜)
◆ 制作情報
原画 金目鯛ぴんく , 熊虎たつみ
シナリオ あくまっこ , 中村亮太 , 西田タケヲ
声優 アシュリー 青葉りんご ルフェイ 青井美海
ケイ 渋谷ひめ パーシィ 唯香
 白艶 手塚りょうこ   クロノス maiko
 オイフェ 錫宮那由太  シエラ 星空ユメ
クリスチーナ 木多野あり ヴァネッサ ももぞの薫
桃也みなみ 今谷皆美 ウロくん
エキドナ 夜桜 綾瀬あかり
サフィーナ 野々村紗夜
音楽情報 主題歌 「Labyrinth」:MAMI(柳麻美)
挿入歌 「故郷の三日月」:青葉りんご
◆ 備考
「VenusBlood」シリーズを制作している
「DualTail」と同ブランド。

GEARS of DRAGOON 2

※紹介画像の著作権は以下に帰属します。

© 2015 ninetail All rights reserved.



◆この記事のトラックバックURL
http://bear-log.com/trackback/94